日記的なもの

すすめ!

マインドゲーム


マインドゲームみました

失楽園とというテーマでこの作品は捉え直せそうです。

失楽園とは、アダムとイブが禁断の果実を食べたことによって楽園から追放された、というものです。

禁断の果実をタブーと変換すると、
作中でのタブーは3つある。
1 蘇ったこと
2 殺人
3 性行為

1と2のタブーを犯したことによって、日常という楽園から3人は追放された
ヤクザの親玉からの電話にも
「今まで生きてきた世界は天国でこれからは地獄や」的なセリフがあった

ヤクザから逃げている途中、クジラに飲み込まれ、ジイさんとともに生活する。この空間が最も聖書での楽園に近い環境ではないだろうか。
いるのは男女4人だけ
ご飯は美味しく、嫌なことがない世界。
裸に近い格好もアダムとイブを思わせる。
最初こそ逃げたり、ジイさんに敵意を向けたりしたものの、徐々に打ち解け楽しい生活となっていく。

その中でミョンと西は性行為をしてしまう。これは楽園から離れることの象徴的意味を持つものである。性行為以降、脱出の方向に向かっていく。
付け加えておくと禁断の果実を食べてアダムとイブは性への自覚を持つようになったことも、この話とリンクする。

生活空間が沈むかもしれず、逃げるしか道はないから、という理由もあるが、西は自分の意思でそこから出ることを決める。
これも示唆的だった。


どこの時点のセリフか忘れたが、
西が、要は気の持ちようで楽しいと思えば楽しくなってくる、みたいなことを言っていた。
これがmindgameの意味なのかな、と。

最初と最後の走馬灯?みたいなところで教会が写っていた。それは楽園喪失の物語を示唆していたのか?と思って見返してみたけど、微妙なところだった。

要は気持ちの問題ですね!
楽園なんて住めば都みたいなもの!