日記的なもの

すすめ!

ヒカルの碁

最近久しぶりに、というか、10年以上ぶりにヒカルの碁を読み返した

おもしろかった、小学生の時は普通に面白いくらいで別に好きでもない漫画だったけど


ラスト負けちゃったけどよかったですね、

もっと続いて欲しかった40巻くらいまでは。
タイトルの一個くらいは取るところを見たかった
というか、倉田さんの言っていたように、次々若い世代が上の世代を追い越して行き、ヒカルたちも追われる側になっていく。
そういうところまで見たかったなー

なんというか、何をしても、
自分が真剣にはなれなかったものに対して、
こんなにも熱い気持ちで頑張っている人がいるなんて
という気持ちになってしまう

囲碁もうちょっとちゃんとやってればよかっなかなー

高校生くらいにこの漫画を読み返していたら、今は囲碁をしていたのかなあ

過去と未来を繋ぐ。

なんにせよ、スポ根ものは良いですねえ