日記的なもの

すすめ!

コードギアス

コードギアス

ギアスは卑怯だというのをスザクがナナリーが入っていたと思う。人の意思を捻じ曲げるから。

最近、自由意志というものを意識するようになった。

ギアスは自由意志を曲げさせる。なかったことにしてしまう。

なかったことにされてしまうときの屈辱。

少し前の話になる。ダウンタウンの浜田が黒人のマネをする際に、黒塗りメイクをしたことが批判された。これは黒塗りメイクが、差別的行為として白人(実はいうと日本人もしていたかもしれないが)がしていたということを我々日本人は認識していなかったことが問題であったのである。差別する気がなかったにせよ、その文脈を無視され、浜田の中では黒人たちが受けていた差別は存在していない、ということが問題である。
黒人差別はなかったことにされてしまっていたのだ。
三者である、と信じている、日本人の中には。
それが悪いことなのかどうかはわからないけど、悲しいことなのだろう。

なかったことにされてしまう。

例えば、人の生い立ちや背景とその人の言動や性格と結びつけてしまうことも「なかったことにしてしまう」暴力なのかもしれない。

その人の意志を無視しているから。

その人そのものを見ていないということになるから。

支援者は一度真っ白にする(予備知識や、その他の支援される側の情報を意識的に頭の隅に追いやる)というのはそういうことなのかもしれない。

青い

昨日自分の中の何かが剥がれて弾けてとめどなく何か奥の方にあった青いものが流れ出てきてしまった。

自分の中で自分を取り繕って、生きやすく、深く考えないようにしていた膜がなくなってしまった。

うすうす自覚していたんだけど、考えてもしょうがないから考えないようにしていた自分のコンプレックスや、その根底にある無価値であることを言語化してしまってもう無理だ、


最近はそうではなく乗り越えたと思っていたけどどうも違うらしい。

これは思春期なのだろうか。

ああ私拒絶されたんだ、
それが悲しかった。どうしていいかわからなかった。そのどうしていいかわからない自分が憎かった。自分はどこまでいっても上手くいかない、かっこよくない、ダサい人間だ。



他人を自分をそうだと信じ込ませてきた仮面が落ちて音を立てて割れた。
エヴァの加地さんについて、ただ大人の仮面が破られなかっただけなのかもしれない、というネットでのコメントを思い出した。みんなそうなのかな。
みんな、そうなの?そうだったら安心するのだけれど。あのくらい感情に蓋をして、日常を送り、たまに蓋が外れる瞬間が他の人にもあるの?ほんとうに?

自己肯定感が低いとか、逆に高い人がいることが信じられない。生きやすいからそちらを選択してそう思い込んでるだけではないの?
ほんとうに?ちゃんと持っているの?

マインドゲーム


マインドゲームみました

失楽園とというテーマでこの作品は捉え直せそうです。

失楽園とは、アダムとイブが禁断の果実を食べたことによって楽園から追放された、というものです。

禁断の果実をタブーと変換すると、
作中でのタブーは3つある。
1 蘇ったこと
2 殺人
3 性行為

1と2のタブーを犯したことによって、日常という楽園から3人は追放された
ヤクザの親玉からの電話にも
「今まで生きてきた世界は天国でこれからは地獄や」的なセリフがあった

ヤクザから逃げている途中、クジラに飲み込まれ、ジイさんとともに生活する。この空間が最も聖書での楽園に近い環境ではないだろうか。
いるのは男女4人だけ
ご飯は美味しく、嫌なことがない世界。
裸に近い格好もアダムとイブを思わせる。
最初こそ逃げたり、ジイさんに敵意を向けたりしたものの、徐々に打ち解け楽しい生活となっていく。

その中でミョンと西は性行為をしてしまう。これは楽園から離れることの象徴的意味を持つものである。性行為以降、脱出の方向に向かっていく。
付け加えておくと禁断の果実を食べてアダムとイブは性への自覚を持つようになったことも、この話とリンクする。

生活空間が沈むかもしれず、逃げるしか道はないから、という理由もあるが、西は自分の意思でそこから出ることを決める。
これも示唆的だった。


どこの時点のセリフか忘れたが、
西が、要は気の持ちようで楽しいと思えば楽しくなってくる、みたいなことを言っていた。
これがmindgameの意味なのかな、と。

最初と最後の走馬灯?みたいなところで教会が写っていた。それは楽園喪失の物語を示唆していたのか?と思って見返してみたけど、微妙なところだった。

要は気持ちの問題ですね!
楽園なんて住めば都みたいなもの!

ヒカルの碁

最近久しぶりに、というか、10年以上ぶりにヒカルの碁を読み返した

おもしろかった、小学生の時は普通に面白いくらいで別に好きでもない漫画だったけど


ラスト負けちゃったけどよかったですね、

もっと続いて欲しかった40巻くらいまでは。
タイトルの一個くらいは取るところを見たかった
というか、倉田さんの言っていたように、次々若い世代が上の世代を追い越して行き、ヒカルたちも追われる側になっていく。
そういうところまで見たかったなー

なんというか、何をしても、
自分が真剣にはなれなかったものに対して、
こんなにも熱い気持ちで頑張っている人がいるなんて
という気持ちになってしまう

囲碁もうちょっとちゃんとやってればよかっなかなー

高校生くらいにこの漫画を読み返していたら、今は囲碁をしていたのかなあ

過去と未来を繋ぐ。

なんにせよ、スポ根ものは良いですねえ

三笠公園と防衛大学校に行ってきました!

神奈川県に旅行に行ってきました。

[

1日目は横浜と横須賀観光。

夜行バスで行ったので、早朝に横浜に到着。
ホテルに荷物を置いて、駅の地下の食堂街的なとこでモーニング

フレンチトーストを食べました。ワンコイン500円!
普通に美味しかったし、野菜も紅茶もついてきて嬉しい!

横須賀に向かい、三笠公園へ。


内装もかっこいい!

ちゃんと舵があってテンション上がった!

そのあと防衛大学のツアーに行ってきた。
説明してくれたお兄さんとたまに見る学生がかっこよかった!!
自衛隊員はバリバリ体育会系のイメージだったけど、説明のお兄さんは全然違った。ガツガツしていなくて、おっとりとした物腰柔らかな人でステキだった。ギャップ萌え!!
しかも声がめちゃ良い声。当たり前だけど、体格は良い。また会いたい。

防衛大学校の学生もかっこよかった。テスト期間中で、行進は見られなかったけど、普通に歩いてても足並み揃っていて流石だった。

防衛大学校にあったステンドグラスがよかった。学生数とだいたい同じ2000ほどの桜が描かれているそう。
次は開校祭の時に行きたいなあ!

三笠公園とか防衛大学校とか軍オタが好きそうなとこに行っているけど、右翼ではないです。単なる友達の趣味です。思想ではないです。たぶん。

横須賀に戻って海軍カレーちゃんと食べました!


そのあと横浜へ

観覧車に乗りました。

赤れんが倉庫にもいって、

中華街で晩御飯を食べました。
ちょっと本格的で、いつもは口にしないスパイスを体験!
台湾を思い出しました。
懐かしいなー

火を見てきました🔥

吉田神社の節分祭に行ってきました。

大きな火を見ました。

屋台もたくさん出ていました。

スーパーボールすくいカラフルでかわいい

火を見たあとラーメンを食べに行きました

美味しかったよ、らーめん🍜

ジブリの立体建造物展

こんな(自然の少なく、外で遊ぶことが少ない)環境じゃ、子供の豊かな心は育たない、といった趣旨のことが宮崎駿養老孟司との対談で考えたことまとめ、みたいなところに書いてあった

子供に自然豊かな環境で育ってほしい、というのは素晴らしい願いだとは思うのだけど、現状を批判するというのには注意してほしい。
もっとこうなってほしい、だけでいい。
ここがいけないから今はダメ。
こういう環境だからこの世代はダメ、という印象を受けてしまった。

好きじゃない。不快であった。その環境で育った人たちのことを無視している。こんな環境で育った私たちは豊かな心を持てない、なんて決めつけないで欲しい。私の心はだれになんと言われようととても豊かだと思うし。

宮崎駿ナウシカの胸のでかさについても

宮崎:
ナウシカの胸は大きいでしょう。

――はい(笑)。

宮崎:
あれは自分の子どもに乳を飲ませるだけじゃなくてね、好きな男を抱くためじゃなくてね。
あそこにいる城オジやお婆さんたちが死んでいくときにね、抱きとめてあげるためのね、そういう胸なんじゃないかと思ってるんです。 だから、でかくなくちゃいけないんですよ。

――ああ………なるほど…(衝撃!)。

宮崎:
その、やっぱりね、胸に抱きしめてあげたときにね、なんか、安心して死ねる、そういう胸じゃなきゃいけないと思ってるんですよ。

http://ghibli.jpn.org/report/nausica-matome/
風の谷のナウシカロマンアルバム より

と語っていた。
貧乳ってわりと女性のコンプレクスになりやすい要素なのに、そのコンプレクスを抱く胸の大きさについてこういうことを言われるとまあ不愉快ですよね

本人そんなに傷つける気はないのだろうけど、だからこそ、貧乳の存在だとかコンプレクスの存在が無視されてる。そこに腹がたつ。
安心して死ねない胸、といわれることも嫌だけど、それ以上に自分の存在や思いをこの人は気遣う気がないというのが癪にさわる。

被害妄想だと言われるかもしれないけど、、
表現する人は誰かを傷つけないように配慮をすべきだと思う
配慮をした上でも自分とは違う「他者」を語るのは難しいことだと思う

ジブリ小さい時はとても好きだったのにな