シズルフルな今を

stairway generation

ジブリの立体建造物展

こんな(自然の少なく、外で遊ぶことが少ない)環境じゃ、子供の豊かな心は育たない、といった趣旨のことが宮崎駿養老孟司との対談で考えたことまとめ、みたいなところに書いてあった

子供に自然豊かな環境で育ってほしい、というのは素晴らしい願いだとは思うのだけど、現状を批判するというのには注意してほしい。
もっとこうなってほしい、だけでいい。
ここがいけないから今はダメ。
こういう環境だからこの世代はダメ、という印象を受けてしまった。

好きじゃない。不快であった。その環境で育った人たちのことを無視している。こんな環境で育った私たちは豊かな心を持てない、なんて決めつけないで欲しい。私の心はだれになんと言われようととても豊かだと思うし。

宮崎駿ナウシカの胸のでかさについても

宮崎:
ナウシカの胸は大きいでしょう。

――はい(笑)。

宮崎:
あれは自分の子どもに乳を飲ませるだけじゃなくてね、好きな男を抱くためじゃなくてね。
あそこにいる城オジやお婆さんたちが死んでいくときにね、抱きとめてあげるためのね、そういう胸なんじゃないかと思ってるんです。 だから、でかくなくちゃいけないんですよ。

――ああ………なるほど…(衝撃!)。

宮崎:
その、やっぱりね、胸に抱きしめてあげたときにね、なんか、安心して死ねる、そういう胸じゃなきゃいけないと思ってるんですよ。

http://ghibli.jpn.org/report/nausica-matome/
風の谷のナウシカロマンアルバム より

と語っていた。
貧乳ってわりと女性のコンプレクスになりやすい要素なのに、そのコンプレクスを抱く胸の大きさについてこういうことを言われるとまあ不愉快ですよね

本人そんなに傷つける気はないのだろうけど、だからこそ、貧乳の存在だとかコンプレクスの存在が無視されてる。そこに腹がたつ。
安心して死ねない胸、といわれることも嫌だけど、それ以上に自分の存在や思いをこの人は気遣う気がないというのが癪にさわる。

被害妄想だと言われるかもしれないけど、、
表現する人は誰かを傷つけないように配慮をすべきだと思う
配慮をした上でも自分とは違う「他者」を語るのは難しいことだと思う

ジブリ小さい時はとても好きだったのにな

写真展オードリーヘプバーン @心斎橋


先日オードリーヘプバーンの写真展に行ってきました!

心斎橋では、映画にまつわるオードリーヘプバーンの写真が展示されていました。

瞳は常に輝き、凛として、愛らしく、魅力的な女性というのがひしひしと伝わってきます、、

自分もああなりたいけど、無理だな〜と少し悲しくなってしまいました、、
すぐ何か愚痴ってしまうし、いろいろめんどくさがってしまうし、、


でも、オードリーと自分に共通点もありました!!
それは、真面目なところです!!
今までずっと真面目に、自分を律して生きてきたつもりなので、そこを大切にしていきたいです!!
オードリーほど美しくはなれなくとも、一つだけ誇れるものを磨き続けよ!!


オードリーの目を見ていると、やめちゃった部活の友人の顔がちらつく

常ににこにこしていて、面白くて、みんなに愛されていて、前向きで、可愛くて、いつも一緒にいたあの素敵な女の子

もう会えないかもしれないけど、あの子はいつまでも輝き続けるんだろうな、


大丸で釜めし食べた
美味しかった!!

そのあと、中崎町に古着屋さん巡りに行きました。

けっこうあるいてつかれたので中崎町のカフェ アラビクというところで休憩。

http://www.arabiq.net/

とても良い雰囲気で、写真撮るなんて失礼に感じてしまう、というか、そもそも写真を撮るという発想に至らなかった
あの落ち着いた雰囲気の中で、写真を撮るなんて俗っぽいことは似合わない



チョコケーキめちゃくちゃ美味しかった!!
チョコが濃厚で柔らかくて、ベリーが入っていて良きアクセント!!
アイスも添えられていたのも嬉しかったー!!

ティラミスが人気みたいなので、また今度、ティラミス食べに行きたい

あと、お酒が飲めるようになったらマリアテレジアというコーヒーも飲んでみたい、、

本もたくさん置いてあって、眺めるだけでも幸せになった

雨の音もシトシトといとあはれなりけり。。

神戸 怖い絵展

先日神戸へ怖い絵展に行ってきました💨

怖い絵展に行く前にまずお昼ご飯を食べました🍙

グリル 十字屋というところです。
ここには何年か前、私が中学生の頃に真珠の耳飾りの少女を見に行った時にもご飯を食べに来たことがあります。

その時は、オムライスを食べましたが、今日はハヤシライスにしました。

めちゃめちゃ美味しかったです!!
初めて洋食屋さんでハヤシライスを食べたから、というのもあるのかもしれませんが、、
今まで食べてきたハヤシライスは一体何だったのだろうか、とさえ思えてしまいます
とにかく濃厚で、ちょっとルー少ないんじゃないかな、という私の邪推を見事に裏切ってくれました。
コクがもうすごい!!!

これから、洋食屋さんにハヤシライス巡りを趣味にしたいな☺️

内装も雰囲気も落ち着いていてお洒落です。船の模型もめちゃカッコよかったし、小磯良平の絵も飾ってありました😳

朝ドラのすずふり亭もこんな感じなのかな〜

で、そのあと怖い絵展に向かいました!!

人がすごかったですね、
平日なのにチケット買うのにも結構列ができていました。

なんというか、結構観念的でしたね
難しかったです
構成としてはよくできていたと思いますが、もう少し歴史のところを多くして欲しかったかな

というか、歴史のところが少なすぎて、もはや怖い絵展なのか?

私が怖い絵の本を手に取ったのは中学生の時なのですが、絵の奥にある歴史の秘話や悲話に触れて感激した記憶があります
とても興味深くて、夢中になったのですが、その時の私のなかの「怖い絵」と「怖い絵展」がどうも合致しない

どうせこのような特別展をするならもう少し本気でしてほしかったな、、

ただの、怖い絵の展示としてはよかったんだけど、中野京子の「怖い絵」展としてはどうなんだろうな

内容は観念的で見ごたえはありました。でも、思っていたのとは違う。

ギリシャ神話やあばれん坊のトムの身なりの汚さと、トムを止める裕福そうな男の子の対比だとか、手袋の連作、などが印象的でした

個人的には、絵はある種のメディアで、描き手の意思が加わるが、見る人はそれを忘れてしまっている、みたいな言葉が面白かったです

中学生のときに怖い絵を読んで、どうしてもみたいと思うようになった絵があります。
その絵がもしかしたら見られるかもしれないな、という淡い期待を保つためにあまり調べずに、美術館に向かいました。
残念ながら、ありませんでした。少し悲しいです。
いつか生きているうちに彼女に会いに行きます。

離島

夕方からは答志島に行った!

漁港いったことなくてワクワクした。

路地も、現代の荒波にもまれた感じは全くなくて、風情がある

答志島の宿に泊まりました〜
晩御飯豪華で、お腹いっぱいになった!
サザエとたいが特に美味しかった〜

夜もお散歩して、ビーチで波の音を聞きました。落ち着くね

翌朝にも少し答志島をお散歩してから神島に向かった。三島由紀夫潮騒の舞台で、吉永小百合さんや山口百恵さんで映画化された作品。

まず最初に行くのは八代神社
結構階段を登ります。でもこんなのあとの苦労にしたら、なんてことなかった。


八代神社や、監的哨(火を飛び越えるシーン)目当てで行ったのだけど、かなりきつかった。
特に灯台から観的哨がやばい。
階段には雑草が侵食しているし、階段もすごい急。登りも下りもきつい。暑いしとりあえずしんどい。そっからあとは楽なんですけど。

監的哨からの眺めはめちゃくちゃ良かった!
苦労した甲斐があった!

少し歩くとカルスト台地があった。


そのあとは小学校の前にある砂浜で少し遊んだ。海に近づきすぎて靴がびちゃびちゃになった



漁港に戻って、お昼ご飯でも食べようと思ったけど、食べるところがない!唯一の民宿にも、ランチの時間は終わったと、断られてしまった😞
15時50分の船まで1時間近く待合室で他の観光客の方とおしゃべりして過ごしました。

鳥羽、離島旅行記!!


この間旅行で鳥羽に行ってきた。一泊2日なんですが。

クッカーニャというイタリアンのお店にお昼ご飯食べに行ったのだが、めちゃめちゃ美味しい。

トマトクリームソースと魚介の相性がものすごくいい。
いい出汁が出てるんだろうな〜
麺の固さとかもちょうどよく、とてもおいしかった。
食前のサラダもおしゃれだったし、食後の紅茶も出してくれて大満足!!

イルカ島というところに行ってきた!
船で10分くらいかな?
いるか少し触ったけどツルツルだった
リフトに乗って展望台にも行った。
リフト怖かった。景色はすごくきれいだった

あなたのことはそれほど

あなたのことはそれほど、大好きなドラマ

世代間の不幸の連鎖(美都、麗華)、妥協する結婚批判、丁寧な暮らし批判(小田原)、そして批判者・視聴者(香子)、にたいする考察、などちょいちょい鋭い視点が光る一方で、みつのアホさと、りょうちゃんの狂気への怖いもの見たさを煽るコメディ調なところが大好き。

 

6月13日の放送は、小田原の感情の吐露が良かった。

lgbtは昔よりは、理解は深まってきているかもしれないが、それでも本人は辛いだろうし、永遠にかなうことのない片思いを一途にする姿は、単に愛だな。

諦めたように ごめんな、という演技が良かった。静かに感動した。

 

好きな相手に愛されることを願うのは欲深いのか。

 

そのあともちゃんとみつの引越しを手伝っていて、あんなこと自分にはできないな、と感じた。強い、ということはこういうことなのだろうか。

 

今回は、麗華と院長の会話のシーンも好きだな。

 

あとは、香子が院長にみつのことを話すところも好き。

自分が絶対的に正しい立場で批判するのは気持ちがいい、また、不倫のような「人間してる」行為に対する憧れ、これはまさに私たちのことじゃないか。

ネットなんて、私たちなんて。そういうものなんだろうな。

 

あと、子供が親を選ぶ、のくだり。

みつは選ばれたかった。有島には選ばれなかった。親にも恵まれなかった。誰かに認められたかった。依存したかった。

そして妊娠していないことがわかったとき、

私今、空っぽだ、と呟く。

こんなもんだ

 

ただの馬鹿な女の不倫ドラマでは決してない。